K's SELF
'井川慶'本人からのメッセージをお伝えします。

2007/8/10

焦らず自分の投球を from Ottawa

8月1日のオタワ・リンクス戦の登板結果は、5回、9安打、3失点、3奪三振でした。

ローチェスターからカナダのオタワまでバスで3時間強。帰りはスクラントンまでやはりバスで6時間ほど。専用ジェット機で移動するメジャーとは環境が異なりますが、車内では2席使えるので、横になって体を休めて移動しています。

マイナーでは結果はもちろんですが、どういう投球ができたか、内容も大切にしていきたいので、しっかり課題をもって試合に臨んでいます。今回はチェンジアップの精度を高めようとしたのですが、思ったようにはいきませんでした。うまくコントロールできず、フルカウントのときなど勝負どころで使えなかったために歯痒いピッチングでした。チェンジアップが使えないと投球全体が窮屈になり、それがヒットを打たれすぎたことにつながりました。スライダーや真っ直ぐも、いい球と悪い球があるなどまちまちで、全体的には前回のカンザスシティでの登板時以下の内容でした。

それでも、5回で3つのダブルプレーをとれたことでなんとか3失点で凌ぎ、ゲームをまとめることができました。チームのスクラントンは現在リーグ首位で、プレーオフ進出をかけた激しい闘いの最中です。自分の調整はもちろんですが、プレーオフ進出にも貢献できればと思っています。メジャーへ戻ることを焦るのではなく、ここで自分の投球ができるようになれば、結果はついてくるものと信じてベストを尽くしていきたいです。(了)