K's SELF
'井川慶'本人からのメッセージをお伝えします。

2016/5/31

小学校でのキャリア教育講演会 from Akashi

5月20日、明石市立中崎小学校にて、
「キャリア教育講演会」に参加させていただきました。

  < 明石ケーブルテレビさん取材の動画は
    TopページのWHAT'S NEWからご覧ください。>

小学生の授業の一環として、午前中に体育館で講演させていただいたのち、
午後からは校庭で一緒に体を動かしながら子どもたちとふれあうという一日でした。

まず講演会では、いろんな質問を子どもたちからいただきました。
もちろん野球に関する質問が多かったのですが、
それだけではなくアメリカでの生活のことや、
苦しい状況をどう乗り越えてきたかといった精神面のことまで、
みんな一生懸命に質問を考えてきてくれたことが伝わってきました。

そこでは先生からもご質問をいただき、
色紙などに記す座右の銘を聞かれたのですが、
「極」と答えさせていただきました。
何事も、とことんまで追求して高みを目指すことで成長していきたいという思いを、
「極」の一字に込めていますと。
授業後には、各クラスごとに「極」と書いた色紙にサインさせていただきました。

午後の校庭では、ストレッチ、ランニング、キャッチボール、
そして児童に自分の球を打ってもらう対決イベントなど、
楽しい時間を過ごさせていただきました。

ウォーミングアップで校庭の端から端まで70メートルほどの遠投をしていると、
それを子どもたちがとても驚いて歓声を上げてくれたのが印象的でした。

対決では、ふわりとした球を投げたのですが、ヒットできた子がいなかったので、
なんとか打たせてあげたかっただけに残念でした。

最後は子どもたちや先生方、そして見学されていた親御さん全員と
ハイタッチしてお別れでした。

子どもたちに何かを感じてもらったというよりも、
自分自身が子どもたちから元気をもらえたような一日でした。

これからもこのようなイベントを通じ、
野球をしている子や、野球に興味がある子はもちろんですが、
野球に興味がない子、もしくは野球を知らない子にも、
野球の楽しさを伝えることができたなら、
野球を職業にしている者としてとても嬉しく思います。

また、今回たくさんの子供たちと接してみて、
自分がプロ野球で活躍している頃を覚えていない世代であることにも気づきました。

そんな子どもたちから、まだまだ現役で頑張ってほしいと応援してもらったことで、
マウンドで投げる自分の姿を見てもらえればという気持ちも湧いてきました。

そうした気持ちにさせていただいたことも含め、
このような講演会を企画実行してくださったスタッフのみなさんには
感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

いまは、独立リーグの兵庫ブルーサンダースに練習する場所を提供していただき、
現役続行へ向けて、良いトレーニングができています。

6月からは本格的なピッチングも始めます。
またみなさんに声援を送ってもらえるよう、
これからも出来る限りのことを精一杯にやっていきたいです。